女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期うつを乗り越える

更年期は皆に訪れます。几帳面で真面目な人が鬱(うつ)になりやすいといわれています。気分が落ち込んだり不安を感じたら、物事の見方を変えたり、真っ向から取り組まないで「まあいいか」くらいの気持ちで現実を受け入れましょう。

更年期は幾つかの荷をおろす時期です。
生理のわずらわしさや子育てから開放される時期です。空の巣症候群に陥ったりすることもあるかもしれません。子供からの自立のプロセスと捕えてみてはいかがでしょう?更年期は家族関係を見直す良いチャンスです。

マイナス思考していませんか?
意識的にプラス思考を心掛けてください。少しずつ改善されていきます。また、思い切って休養をとるのもよいです。誰かに相談しましょう。

体の不調が気になるなら専門医の受診をしましょう。病院の検査で身体の異常がみつからない、治療をしても改善がみられない、でも、体がだるい、気分が落ち込んで元気が出ない、といったことがあるならば、精神科や神経科を受診しましょう。また、精神科にためらいがあるなら神経内科を受診してみてはいかがでしょう?婦人科や更年期外来もあります。

※空の巣症候群:子どもが成長して独立・手離れしてしまって、巣(家)が空っぽになったような寂しさを感じることを空の巣症候群といいます。特に内向的で人付き合いが苦手、子育てを生きがいにしてきた良妻賢母型の専業主婦に多く、更年期や夫との絆の弱さも要因になっています。身体的症状があることが多いです。

※更年期とアルコール依存症:更年期の症状がつらかったりしてアルコールを飲み始める人がいます。キッチンドリンカーは、毎日のようにお酒を飲み続けるうちにお酒の量を自分でコントロールできなくなって、アルコール依存症になることがあります。女性は男性に比べてアルコールの血中濃度が上昇しやすく体外への排泄が遅いので、男性よりも短時間で依存症になりやすいです。(キッチンドリンカーとは、台所で飲酒をするところから名付けられたアルコール依存のあるの女性を指す俗語です)

 - 更年期のうつ病・更年期うつ

PC用

PC用

  関連記事