女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期の鬱(うつ)とは

更年期は鬱病(うつ病)を発症しやすいといわれています。更年期は身体・精神・環境の因子が相互に重なり合って鬱(うつ)状態になることがあります。女性ホルモンは脳神経に影響しますから、女性ホルモンが急激に減少する更年期は心も傷つきやすくなっています。加えて環境の変化もストレスの原因になっています。また、鬱病(うつ病)になりやすい性格も関係しています。

更年期の環境的要因から起きるストレスでうつ病を発症する場合と、ホルモン変調による更年期障害である抑うつ・不安・不眠などの精神神経系の症状の悪化からうつ病になる場合があるようですが、この区別は難しいといわれています。
更年期の症状だと思ってうつ病を見落とすと治療が遅れてしまいます。鬱(うつ)は心の風邪とも呼ばれています。早期に改善することで重症化させないことが大切です。

鬱(うつ)が精神的症状よりも身体的症状の方が強く出る仮面うつ病の場合があります。仮面うつ病というのは精神医学的には正式な診断名ではありませんが、鬱(うつ)が身体的症状として現われる状態です。身体の仮面をかぶった鬱(うつ)です。
本人は鬱(うつ)と自覚していません。精神的な症状が身体的な症状にすりかわって、頭重、胃の不快感、便通異常、肩こり、眩暈(めまい)、倦怠感、頻尿などとして現われます。

鬱(うつ)はだれにも起こる可能性あります。身体的な不調があるのに、病院の検査では異常がない、気分が落ち込む、元気がでないならば、精神科・神経科・神経内科を受診しましょう。
更年期にあたる女性の場合、婦人科、更年期外来があります。

 - 更年期のうつ病・更年期うつ

PC用

PC用

  関連記事