女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期の生理不順(月経不順)の特徴

更年期の閉経前に生理不順が起きます。月経周期の短縮と遅延が起きて月経回数が減少し、最終的に閉経に至ります。これが更年期の生理不順(月経不順)です。更年期に生理が1年以上ない場合、閉経したと見られます。
生理不順(月経不順)と共に卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下します。ですが、このエストロゲンは閉経後1~2年、長い場合は3~4年分泌されます。この分泌が止まった時に更年期が完了したと考えられます。

更年期の生理不順の特徴

生理不順(月経不順)は更年期初期の特徴的な症状です。月経不順を経ずに突然生理が止まる人もいますが、多くは生理不順(月経不順)を経験します。

 月経不順(生理不順)から閉経に

更年期の生理不順(月経不順)は、月経周期が短縮した(頻発月経)後に月経周期が遅延(稀発月経)、またはこの合併した症状が現れて閉経します。主に卵胞期と黄体期の短縮が原因とされています。
その期間は2~8年の事が多く、閉経後の数年を加えると8年~10年前後となり、更年期が8年~10年といわれる所以です。

 更年期の月経は出血量に変化

月経血量にも変化が更年期に起きます。出血量が多い「過多月経」や少ない「過少月経」があります。また、生理ごとに多かったり少なかったりすることもあります。

 - 更年期の生理不順

PC用

PC用

  関連記事