女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

めまいの原因になる血圧・脳の病気・うつ

血圧の急激な変化(特に血圧の低下)で、めまいが起きることが多いといわれています。中高年に多いといわれるうつの中で、仮面うつ病もめまいを伴います。また、脳が原因の突然のめまいの殆どは脳出血か脳梗塞といわれています。脳出血・脳梗塞では、ひどい頭痛、片側の手足のしびれ、ろれつが回らない症状を伴います。怪しいと思ったら、専門医の受診を受けてください。また、意識がモウロウとした場合は緊急を要しますから、救急車を呼ぶなどの対応が必要です。

血圧が原因でおこる眩暈(めまい)

一時的な血圧の変動に左右されずに、普段の血圧の範囲や症状を把握して、医師と相談することをおすすめします。

 立ちくらみ(眼前暗黒感)

立ちくらみは、一時的に脳の血流量が減少して起こる瞬間的なめまいです。起立性低血圧は、急激な血圧低下で立ちくらみや失神を頻繁に起こす状態です。
血圧が大幅に低下すると臓器への血流量が減少します。少しの血圧低下ならば脳への血流量は減らないのですが、大幅な低下で血流量が減って脳が酸素不足になると、平衡中枢が機能しなくなって最初はフラフラ感が起きます。ひどくなると立っていられない程になります。

 高血圧症

高血圧症は、高血圧の状態が続いている状態です。頭痛・めまい・動悸・息切れ・疲労感などを伴うことがあります。高血圧症は夜間に血圧の低下が著しい場合があります。

脳の病気が原因でおこる眩暈(めまい)

脳が原因で突然起きるめまいの殆どが脳梗塞・脳血栓です。激しい頭痛、片側の手足のしびれ、ろれつが回らない、二重に物が見えるなどの症状があります。モウロウとしている場合は救急車を呼ぶなど急を要する症状です。
脳幹・小脳の脳卒中で現れるめまいの7割ほどが浮動性めまい(ふらつき・フラフラ感)で、3割ほどが回転性めまいといわれています。吐き気や嘔吐があって脳の症状がある場合は専門医の診察を受けてください。
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)もめまいを伴います。聴神経腫瘍は良性の原発性腫瘍(転移したものでなく脳そのものに発生した腫瘍)で、非常にゆっくり進行します。大きくなると手術になり、それまでは経過観察になります。聴神経腫瘍の主な症状は感覚性難聴ですが、腫瘍が大きくなるとめまいやふらつきの症状が現われてきます。

うつ(鬱)が原因でおこる眩暈(めまい)

うつ状態によるめまいのメカニズムはまだ詳しく解明されていないようです。仮面うつ病というのは医学的には正式名称ではありませんが、いわゆる仮面うつとは、鬱(うつ)が身体的症状として現われる状態です。不眠、頭重、胃の不快感、便通異常、頭痛・肩こり、眩暈(めまい)、倦怠感、頻尿などとして現われます。

 - 更年期のめまい

PC用

PC用

  関連記事