女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

汗腺トレーニングで多汗対策

汗腺トレーニングで多汗対策をしませんか?難しくはありません。良い汗をかく環境にしたり、飲み物や入浴の工夫をします。じんわり汗をかく程度のウォーキングやストレッチはおすすめです。

汗腺トレーニングの方法

○良い汗をかく環境:夏は、冷房(クーラー)をできるだけ使わずに、暑さに順応しやすく良い汗をかきやすい環境作りをします。冷房病予防にもなります。

○運動:軽い運動で汗をかきます。
・ウォーキング:毎日20分程ウォーキングをして体温を上昇させて汗をかきます。(真夏の日差しの強い日中のウォーキングは避けます。するならば涼しい朝や夕刻以降にしてください。室内ウォーキングという方法もあります。)
・ストレッチ:じんわり汗をかく程度がよいです。

○熱い飲物:コーヒー・お茶・ハーブティーなどの熱い飲物を飲んで汗をかきます。

○入浴:下半身浴(腰湯)、足湯、岩盤浴などで汗をかきます。

お風呂で汗腺トレーニング

1.43~44℃の熱いお湯に膝から下を10~15分つける(5分程度で汗をかきはじめます)

2.36℃くらいのぬるいお風呂に全身を10~15分つける(汗腺を休めます。副交感神経を刺激して体をリラックスさせます。)

3.湯から上がったら、水分をふき取り服を着ずに汗を乾燥させます。冷房(クーラー)の効いていない場所でゆったりくつろいでください。これで、よい汗が出てきて蒸発して自然に体が冷えてきます。(冷房の効いた場所では体の表面が冷えて汗腺が閉じてしまいます。)

1~3を1週間ほど続けると汗っかき・多汗解消効果が期待できるそうです。

 - 更年期の多汗・汗っかき

PC用

PC用

  関連記事