女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期の多汗・汗っかきの特徴

汗っかきでなかったのに更年期になってから汗っかきになった?汗っかきがもっと汗っかきになった?突如として多量の汗が!この更年期の汗っかき・多汗の原因は、いわゆる多汗症とは違います。この「汗っかき」「多汗」は更年期障害の特徴的な症状です。

更年期の汗っかき・多汗は、更年期(閉経前後)に起こるのぼせ・ほてりに伴って起きる顔の汗や、首筋・脇・胸など上半身に集中した汗っかき・多汗で、時や場所にかまわず多量の汗です。
原因は、汗腺の調節機能をコントロールする女性ホルモン(エストロゲンとプロゲストロン)の減少です。そのため、運動もしていないのに汗をかきます。コントロールができないので、時や場所はおかまいなしです。寝汗も増えます。

更年期の「汗っかき」「多汗」の特徴

○ちょっとしたことで汗がでます。
更年期の発汗はイライラなど精神的症状やストレスのため、ちょっとしたことで汗がでます。

○上半身に汗がでやすいです。
更年期は汗腺機能だけでなく体温調節機能が低下し、血流も悪くなります。そのため、気温というよりは下半身の冷えに反応して、上半身に汗がでやすいです。一般的な多汗症は手足の汗っかき・多汗が多いようです。

○ベトッとした汗です。
運動など生理的な発汗の汗はサラッとして「さわやかな汗」でにおいも少ないのですが、更年期の汗はべトッとして、蒸発しにくく、においもきつく「いやな汗」といえます。そのため、汗を拭いてもスッキリしません。

 - 更年期の多汗・汗っかき

PC用

PC用

  関連記事