女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

婦人科・更年期外来の受診のすすめ

更年期障害の症状は様々で個人差があり、更年期の症状と紛らわしい病気もあります。だからこそ、更年期には婦人科を受診しましょう。最近では、更年期障害の専門外来も増えてきました。次のような女性は、更年期外来を受診してみてはいかがでしょう。

  • 「更年期障害かも」と気になる症状があるけれど、婦人科を受診するのはためらいがある。
  • 症状が気になっているに、内科・整形外科などで「異常がない」「気のせい」といわれた。
  • 特にこれといった症状を感じないけれど、更年期にあたる年齢でなんとなく体の不調が気になる。

更年期外来の受診の流れ

更年期外来での初診の診察手順と内容はおよそ次のとおりです。検診結果が総合的に判断されて治療の方針が決められます。

○予診表:予診表は、いくつかの項目(現在の症状、既住暦、薬に関するアレルギーの有無、妊娠歴など)に回答する表で、通常は医師の診察前に自分で書き込みます。医師にとっての前情報になります。

○更年期指数表:「クッパーマン更年期指数」という海外で考案された指数を、日本人用に改良したものです。この更年期指数表が外来で多く利用されているようです。更年期指数表は、初診時だけでなく、治療効果を判定する目的でも使われます。

○生活習慣質問表:日ごろの食生活や運動などの生活習慣に関する質問表です。生活習慣は、骨粗鬆症・高脂血症・動脈硬化症などの予測に大切な情報です。生活習慣を改善するだけでも、症状の緩和・改善が見られることがあります。

○自己評価式欲うつ性尺度(SDS):更年期指数表と同じような質問表です。更年期に起こりがちな「うつ状態」の程度を点数化して判定します。

○一般検査、血液検査、尿検査:身長・体重・血圧などの測定に始まり、スクリーニング検査(血液検査・尿検査)を行います。更に、ホルモン状態を判断するための採血をする場合もあります。

○骨密度測定:骨粗鬆症の傾向を判断する検査です。

○婦人科検診:一般に行われている婦人科検診と同じです。内診、超音波検査、子宮頸部がん検診、子宮大部(内膜)がん検診などがあります。(※子宮体部(内膜)がん検診は、HRT(ホルモン補充療法)の副作用のチェックに大切な検査でもあります。)

○乳房検診:乳がんなどのチェックをする触診、マンモグラフィー(レントゲン検査)、超音波検査などがあります。(※乳房検診は、HRT(ホルモン補充療法)の副作用のチェックに大切な検査でもあります。)

 - 更年期障害の治療

PC用

PC用

  関連記事