女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期障害の治療方法

更年期障害の治療には、更年期障害の主原因が女性ホルモンの急激な減少のため女性ホルモンを補充するホルモン補充療法と、特定の症状を緩和する対処療法があります。

ホルモン補充療法(HRT)は、女性ホルモンを補充する治療方法です。重症のケースには非常に効果的とされています。
対処療法は、特定の症状に対する療法で、頭痛薬、睡眠導入剤、抗精神薬など症状を緩和する薬を服用します。また、漢方薬で体全体のバランスを整える治療や、心因性のものには心理療法も併用される場合があります。

更年期障害の治療の種類

更年期障害の治療には、西洋医学でのホルモン補充療法(HRT)や対処療法と、漢方治療などがあります。

ホルモン補充療法(HRT):更年期障害の主原因(女性ホルモンの急激な減少)に対応して行われる女性ホルモンの補充をする治療です。エストロゲンとプロゲストーゲンの配合剤(薬)を服用する2剤連続併用服用法が主流です。この治療法では、子宮体部ガンは減少し、乳ガンは増加するという報告があります。この他、女性ホルモン補充療法は、アルツハイマー症候群や骨粗鬆症の発症率を低くするといわれています。過剰なエストロゲンは子宮ガンの要因と言われていますが、昔のエストロゲン単独投与とは異なり心配ないと考えられています。

薬物療法:自律神経薬、向精神薬、漢方薬などで体調を整えたり症状を緩和します。

心理療法:心因性の場合、カウンセリングなど心理療法を受けることで改善する女性もいます。

漢方治療:漢方は不定愁訴に強く、更年期障害の治療に適しているといわれています。全身の状態を正すことで症状を軽くしていきますから、その効果は比較的ゆっくりです。

 - 更年期障害の治療

PC用

PC用

  関連記事