女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期障害の診断基準・方法

現在の医学では女性の更年期障害(更年期不定愁訴症候群)の定義は明確ではありません。少なくとも、女性の更年期に当たる年齢で、検査の結果に特定できる病気がないにも関わらず不定愁訴(ふていしゅうそ)がある場合に、更年期障害(更年期不定愁訴症候群)と診断されます。

更年期障害と紛らわしい症状の病気が隠れている場合がありますから、更年期障害の診断では「除外診断」による鑑別が重要になります。更年期障害と思い込んでしまうのも病気発見が遅れることに繋がります。おかしいなと思ったら、内科・神経内科・形成外科などの専門医や、ためらわずに婦人科・更年期外来の受診をしましょう。そして、定期健診もお忘れなく。

更年期障害の診断方法

更年期障害の診断方法には、除外診断、診断的投薬法、血液中のホルモン測定などがあります。医療機関では、これらの方法を総合的に実施・判定して、治療方法の方針を検討することになります。

除外診断:更年期障害の症状と紛らわしい症状の病気の可能性を、該当する科の診察や検診で除外した後に、更年期障害(更年期不定愁訴症候群、卵巣機能低下によるホルモンのアンバランスによる病気)と診断する方法です。

診断的投薬法:HRT(ホルモン補充療法)を診断の目的で行い、症状が改善するかどうかで判断する方法です。

血液中のホルモン測定:血液中のホルモン量を測定する方法です。

 - 更年期障害の治療

PC用

PC用

  関連記事