女性の更年期事典

女性の更年期の症状・病気・治療や更年期障害の予防改善対策についての情報です

更年期障害のメカニズム

どうして更年期になると不定愁訴と呼ばれる心身の不調が出てくるのでしょう。女性ホルモンのバランスが取れているいるときは良いのですが、更年期になると卵巣機能の低下によって女性ホルモンのバランスが崩れて、更年期障害の症状がでてきます。

更年期障害が起きるメカニズム

 女性ホルモンのバランスが取れている時

女性ホルモンのバランスが取れている時は、【脳の視床下部からゴナドトロピン放出ホルモンが放出⇒下垂体からゴナドトロピン(=性腺刺激ホルモン)が分泌される⇒卵巣は女性ホルモン(卵巣ホルモン:エストロゲン・プロゲステロンなど)を分泌】のメカニズムが良好に機能して、女性ホルモンのバランスが保たれている状態です。

 更年期になると

更年期になると卵巣の老化が進み、女性ホルモンのバランスが取れている時のメカニズムに乱れが生じます。【卵巣の老化(卵巣機能の低下)⇒女性ホルモン、特にエストロゲンが減少⇒脳からの分泌指令に応えられなくなる⇒視床下部は女性ホルモン分泌指示を強化(興奮)⇒視床下部近くの自律神経に影響して自立神経症様の症状を引き起こす】の状態になります。これが、更年期障害(更年期不定愁訴症候群)です。

 - 更年期障害とは

PC用

PC用

  関連記事